エンタメ日記

9.16〜19

映画『月と雷』(R15+)(2016年公開)
出演:初音映莉子高良健吾草刈民代、他

見たらラストが、え…なんかよくわからない
感想を着地させたく、図書館に走る
角田光代『月と雷』(中央公論新社2012年)

小説の方がエピソードのミルフィーユが厚い
この原作からあの映画になったのか〜

山信太郎役の黒田大輔さん印象的だった
読書中も太郎はあの笑顔で脳内再生

映画ラストは原作ラストからすると数年手前

・小説と映画は作品として別物だよなー
と思いつつ
・原作ありきで「その時点の泰子であり智なんだね」
の感想で一旦着地

昔、初音映莉子さんを知った頃、まず名前がきれいだなぁと思った
今はどういう女性、女優さんなんだろう

 

9.17

舞台『愛が世界を救います(ただし屁が出ます)』
(作・演出:宮藤官九郎

クドカンの舞台で主演がのんちゃん、という情報だけで行く
笑った笑った
ちょいちょい入る映像にも
隣の人はハンカチで涙拭くくらい笑ってた

藤井隆演じる大江三千里の「アクアクララ飲み干して」
ワンフレーズだし真似して再現したいけど、笑いすぎて覚えていない

ビジュアル的にはケンタウルスクドカン)絶妙
荒川良々の脚が長い

笑いの中になぜかじんわりホロリくるものがあって
なんだろう、あのホロリ成分
久しぶりにみんな(会場に居合わせた人たち)で笑ったから?

タイトル『愛は世界を救います(ただし屁が出ます)』のとおり、舞台中
「○○○という能力があります、た・だ・し〜(但し)△△△」
という凸凹設定が出てくる

「○○○だけど△△△」って特別な能力じゃなくても、どの人にある

 

9.18〜19

スーパーソニック2021」配信

オーロラ、どんぐりずを目当てに見始め

新たにアラン・ウォーカーのファンになった
私にはダミ声っぽく聞こえるんだけど、あの声が好き
1997年生まれ

ティーブ・アオキも覚えた
髪さらさら、体力すごい、1977年生まれ

ちなみにフジロックの配信では、STUTSが気になった
笑顔がかわいい、話し方がいい、1989年生まれ

今夏、DJジョン・サ・トリンサを取材したドキュメンタリー映画
『太陽と踊らせて』(監督:リリー・リナエ)を観て
これまで無関心だったDJに興味が湧いた、かも
ジョンは何歳?(インタビューからするとたぶん今還暦くらい)

DJさん達の年代幅広い

Sun illumination

ハレとケ同時感